FC2ブログ

プランナーズアイ

消費者戦略プランナーが世の中の広告をストレートに分析します

ホテルアメニティ

  1. 2021/02/18(木) 11:44:00_
  2. 化粧品・医薬品分野

ホテルや旅館はお客様のクラスターが反映されるサービス業。

アメニティにも反映されています。

提供するメーカーにとって格好のサンプリングと言えるでしょう。

 

消費者側から見ると「なぜこのブランドがアメニティとして採用されているのか」は分かりません。

 

一方、裏面にJTB商事と書かれていると、JTBは宿泊施設に商品を提供していることがわかります。専門の流通があるのですね。

 

有名なブランドのアメニティ3ブランドを紹介します。


〇クラランス

クラランス202102183



クラランス202102181


クラランス202102182



〇ミキモト

ミキモト2021021810


ミキモト2021021811


ミキモト202102181


ミキモト202102182


ミキモト202102183


ミキモト202102184


ミキモト202102185


ミキモト202102186


ミキモト202102187



〇コーセー雪肌精

雪肌精202102183


雪肌精202102181


雪肌精202102182


いずれも低額スキンケアではありませんがミキモトが力を入れていることがわかります。

利用者が気に入ればネットですぐに購入できる時代ですので効果的にターゲットに届く手法と言えます。問題はすぐに使ってくれるか・・・旅行用にキープされたりするとすぐに効果はでないかもしれません。

消費者は、持ち帰ったアメニティをどうしているのか? を確認することも大切ですね。



化粧品のマーケティングが進化中!

  1. 2020/12/25(金) 12:45:00_
  2. 化粧品・医薬品分野
青ハート点滅メーカーからのアプローチ 資生堂編
資生堂2020年11月折りこみ広告

「大人の七難」 でおなじみのPRIOR(プリオール)
いよいよ手抜きになったスキンケアやメイクをしている人をターゲットにしたオールインワンスキンケア。
セルフでは極潤でおなじみのロート製薬「50の恵」の登場感が記憶に残っています。
でもやっぱりこの(お手入れが面倒になった層)には資生堂ブランドは魅力。
その資生堂がお得なお試し価格のお試し容量(通常の容量の1/2強)を半額強の価格で販売。
お試し商品は現品ボトルに入っているところがポイント。
メーカーも同じ容器が使えて、消費者も気に入ればお得な詰め替え用を買えばよいだけ。
この施策のすばらしいところは、お試しの価格設定。
安くしてお客様に媚びる印象もなく、消費者も自分に必要か冷静に考えられますね。
価格志向の消費者を排他しているところが素晴らしいと思います。

現品  120ML 3500円    3850円(税込み)
お試し 65ML  1800円    1980円(税込み)
詰め替え 105ML 2900円   3190円(税込み)  

価格をチェックしやすいよう税抜きを目立つようにしています。
スキンケアのあとの1本ですむベースメイクを紹介しているところも買ってみようかな、という気持ちを促します。

どこで買えるの?
と思った消費者は最寄りの販売店を電話で案内してもらえます。
ネットでもOK。
高まった気持ち(消費したい)の温度を下げずに情報を得られるのでバッチリですね。



青ハート点滅メーカーからのアプローチ コーセー編

コーセー2020年日経全面広告

知る人ぞ知る効果訴求に力を入れているコーセーの広告。
知名度はコーセーユーザーに限られる?と思われるルシェリ、インフィニティ、ワンバイコーセーの3ブランドで効能認可の「シワ改善」を全面的に打ち出しています。
有効成分名と24時間シワ改善に取り組めるコーセーを選んでねというメッセージが力強く伝わります。
こちらは、検索を促しサンプルセットをリクエストする仕組みです。
検索で上位に挙がっているので、すぐにサイトに行きつけます。(QRコードなら確実)

コーセーシワ改善プロジェクト
サンプル応募のためにはパスワードを設定した登録の必要があります。
個人情報を提供するため利用規約が提示されます。ネット利用の個人の判断にゆだねられるところですね。
リンクのチェックをしていない、とのことですので公式ではないサイトに注意が必要でしょう。
(個人的に、サンプルのためにリスクは負えないかな、と感じて登録を見送りました)


三越伊勢丹 化粧品ネットサイト meeco編

meecoとmeecoバラエディがあり今まで知らなかったブランドの案内メルマガが次々届きます。
MIカードホルダーであることと主に利用する百貨店のため購読の解除をしていません。
メルマガは、読まずに破棄するものが大半の中で時々見たりしている程度でした。

ところが~
伊勢丹の品ぞろえをネットでチェックしてお店に行ったところ「これはネット限定です」と言われてその場でネット(meeco)で注文しました。
直ぐに届いたこと、意外に低額で送料が全国無料であること、MIカード利用なので決済が簡単、セキュリティがGoogleなみで他のデバイスからアクセスすると通知が来るという仕組み、でネット購入のハードルがamazon並みに下がりました。
しかも百貨店クオリティの安心感。(消費期限など最新のものが扱われているという)

欲しいもの、気になったブランドを横断的に知ることができてその場で購入する手軽さ・・素晴らしい。
お店より主流になること間違いなし。
カードホルダーを順次とりこんでいるのではないでしょうか。
そうすると、百貨店カードの割引率が消費者としては気になります。
そこは抜かりなくシステムの改定も怠っていない様子です。
上お得意のお客様も、カード作り立ての新社会人も、学生も、なっとくの消費者に便利なシステムが構築されつつあると感じます。

(思わずシーズンキットを買ってしまいました)

三越伊勢丹 化粧品ネットサイト meeco


最近の気になる商品~味の素の「スチーミー」

  1. 2020/08/31(月) 11:12:00_
  2. 食品分野

我が家では手作りチャーシューを常備している。

以前は普通に鍋で煮込んだり、ガスで圧力鍋を使用したり、レンジ用の圧力鍋やシリコンの鍋などで試した結果、現在は炊飯器で作るのが手間がかからなくて気に入っている。炊飯器はスイッチをON してから切れるまで、放っておいてもいいので、煮物にも使ってる。


タレに漬けてスイッチON

焼き豚炊飯器 


できあがり

焼き豚できあがり 


 500g位の肉を2本まとめて煮て、スライスした後しばらく汁に漬け、小分けにして冷凍保存し、ラーメンの具材として使うのが定番となっている。スライスで崩れたバラはチャーハンの具材にする。


味付けは醤油・ショウガ・にんにく味も作る。最近は市販の焼き肉のたれが手間がなく、使うことが多い。めんつゆでも挑戦しているが、焼き肉のたれの濃さがチャーシューに向いている気がする。炊飯器だとかぶるほどのたれにしなくても大丈夫なので、たれは1本でOK

 

最近CMでもよく見かける、味の素の「スチーミー」が気になり、購入してみた。

スチーミー

表示の肉250gではちょっと物足りないので、たまたま買ってあった360gの肉で作ってみたが、美味しく仕上がった。ただ、調理時間は少し多めにしたが。


前にレンジで作った肉は、硬くなってしまってうまくできなかったので、レンジはあきらめていた。半信半疑ではあったが、なんと炊飯器よりも柔らかく仕上がってびっくりした。

焼き豚レンジ


 最初にたれの味は舐めてみたが、手作りの味に似ていた。

こんなに少ないたれで大丈夫?と思ったが、目減りすることなく、調理後少し蒸らすことで味の浸み込みが良かった。ただ蒸らす前に少しゆすった方が良い(ポイント)

 

ラーメンの具材にする前に、せっかく温かい柔らか肉になったので、カット野菜を炒め、チャーシューを乗せ、残ったたれを少し煮詰めてかけ、ゴマをふって食べた。

からしをつけるのもアクセントになる。

まだ残っていたたれは、薄めて鶏ガラスープを足し、中華スープとして完食。

 

チャーシューは今まで冷凍庫にストックしていたが、短時間でできるので、食べたい時に作れる定番になると思う。


次は鶏肉で挑戦したり、ショウガやネギなども一緒に入れてやってみようと思った。色々な「スチーミー」のラインナップに期待したい。



50代女性をターゲットにしたP&G

  1. 2019/12/02(月) 22:12:00_
  2. その他の分野

次々と新商品がでる洗浄剤、トイレタリー分野で分かりやすいタブロイド版の折り込みがありました。

よくみると読売新聞が企画するADサプリ

生活者に役立つ情報を広告仕様で届けようというものです。

今回は、P&Gとルネサンスと提携です。

 

スポーツをテーマに洗濯洗剤とヘアケアについて、他の商品もわかりやすく2~4ページの紙面で商品が必要かどうか決められる情報を伝えています。

購入に結び付きやすい展開です。

オトナスクエア1


オトナスクエア2


オトナスクエア3


オトナスクエア5


オトナスクエア6


オトナスクエア7


オトナスクエア8


オトナスクエア9


オトナスクエア10


お店に行って買おうと思っていたところ、プレゼントキャンペーンがありました!

絶対に当たらなそうな少ない人数・・・

どういう人が媒体を見たか、測定することが目的なのでしょうか?

 

50代ミセスに人気のスポーツ関係者を活用したキャンペーン。

どれもデジタルでつながる個人情報を入手する仕掛けです。

QRコードで簡単に応募でき抽選もデジタル化。

 

アクセスは慎重にしようと考えるのは私たちだけでしょうか?

商品を買ってほしいのか、デジタル情報が欲しいのか、どっちなんだろう?という印象になりました。



めききの扉 ショップチャンネル

  1. 2019/12/02(月) 22:00:00_
  2. その他の分野

欲しいものの購入はどのチャネルがお得?

どのチャネルが利用しやすい?

 

今、欲しい商品を複数のチャネルから自由に選べるので、買いなれたところや最安値のところなど購入場所(ネットのどこか)の考察も大切。

そんななか、ショップチャンネルの機関紙「めききの扉」を見てみると・・・

 

ショップチャンネルで人気の商品と購入者を写真で紹介している

「めききのリコメンド」

 めききの扉01


めききの扉02


めききの扉03


高品質で間違いのないダイソン等の商品とともにPB?通販ファッションブランドも掲載。

ハイアンドローで幅広い人に照準をあわせたページです。

アマゾンでも買える家電とショップチャンネルでしか買えないファッションアイテムが展開です。

 

本題(視聴してほしい)は、仮想キャラ?によるリモコン操作とTVショッピングらしい広告(放送告知)は最終ページにしっかり掲載。

 

★視聴相談のページ


いろいろな女性の価値観でしめっくくっているところはその通りでした。

 

当社モニターの化粧品購入チャネルの最新情報をみると

スキンケア 3.4% 50歳代から利用が増える傾向にあります。

 

当社モニターが最も利用しているチャネルはドラッグストアのセルフ売り場

ついでドラッグストアの化粧品売り場です。

 

モニターの活用は以下をご参照ください。

 

モニター重視の活動

https://ebisuplan.com/service_monitor.html

 




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>