FC2ブログ

プランナーズアイ

消費者戦略プランナーが世の中の広告をストレートに分析します

「シニア」の年齢の幅が広がったという話

  1. 2018/10/01(月) 12:44:00_
  2. その他の分野

新聞でシニアマーケティング専門家が語るシニア消費の記事を目にした。 

 シニアの呼称
(日経流通新聞 2018323日) →記事(PDF)

 

記事は、著者がリアルシニアであることも書き添えられていた。

シニアビジネスの対象が65歳以上、7080代でも現役感のある高齢者をどう呼べばよいのか、と疑問を投げかけている。比較的若い世代のシニアは、アクティブシニアと言われているが、記事ではプレシニアという表現もされていた。

 

そういえば、当社のモニター組織の第一歩である花王ブローネプロジェクトでは、30代~50代の女性モニターで構成したが、当時(30年前)50代をシニアと呼んでいた。


この頃の他の実績を見ても50代からシニアと位置付ける仕事が多々あった。


1990年半ばごろから、暦年だけでは消費者を語れなくなってから、年代表示でレポートを作成するようにした。

しかし、この記事を見て再び50代にシニアを使用してみてもよいかな、という思いに至った。ただし、他の年代の呼称も考えておかねばならない。

 

シニアは、シニアハイスクール、シニアマネージャーなど上級の意味を持つ。

やはり50代に相応しいと考え、60代以降の呼称を決めることにした。

 

(当社が使用する呼称)

50代      シニア

60            シルバーシニア

70            ゴールドシニア

80            プラチナシニア

90            ダイヤモンドシニア

100           レジェンド

110           レジェンド10

120           レジェンド20      

130           レジェンド30

 

いつまでも行動的なシニアやレジェンドにはその前に「アクティブ」をつけて年代では括らず「アクティブシニア」「アクティブレジェンド」とする。

 



ドイツ、オーストリア、イタリア周遊の旅(2016/9/10~18) 

  1. 2017/09/03(日) 17:12:30_
  2. リクレーション
  3. _ comment:0
私にとっては未開の地、ヨーロッパ。今回は思い切って9日間の長旅を決行した。
約12時間のフライト、7時間の時差にどれだけ体が対応できるか心配だったが、時差ボケも全くなかった。
このツアーは添乗員のレベルが高く、食事、ホテル等どれも満足のいく楽しい旅を提供してくれた。


【1】ドイツ1(2016/9/11) →記事1(PDF)

ドイツ1



【2】ドイツ2(2016/9/12) →記事2(PDF)

ドイツ2



【3】オーストリア(2016/9/13) →記事3(PDF)

オーストリア3



【4】ベネチア1(2016/9/14) →記事4(PDF)

ベネチア4



【5】ベネチア2、フィレンツェ →記事5(PDF)

ベネチア5



【6】フィレンツェ(2016/9/15) →記事6(PDF)

フィレンツエ6



【7】バチカン・ローマ(2016/9/16) →記事7(PDF)

バチカン7



【8】ローマ(2016/9/17) →記事8(PDF)

ローマ8


テレビで見ることしか知らなかった国や街、世界遺産なども実際に目にすることでその大きさや見事な色彩を肌で感じることができた、貴重な体験だった。行く前にもっと調べていけば良かったと反省。。。
次はどこの世界へ行こう・・・


>>消費者戦略のスペシャリスト ウィズプランニングHP

テーマ : ヨーロッパ旅行記    ジャンル : 旅行

低脂肪食のすすめ

  1. 2016/11/01(火) 17:16:51_
  2. その他の分野
  3. _ comment:0

毎年受ける健康診断で中性脂肪過多、高血圧症と診断されてしまいました。
脂肪を抜いた食事に心がけて…と言われても友人とのランチや飲み会、定年を迎えた主人との外食は欠かすことができない楽しみです。

楽しさをそのままに健康を維持するためには家で作る食事を考え直す必要があると思い立ち、料理の苦手な私が低脂肪料理をおいしくするために、試行錯誤した結果、食品の裏側にある成分表を見て100g当たり脂質が1g以下~多くても2g以下のものをさがし、いつもの食材と変えてみました。

低脂肪食のすすめ

・パンでいうとイングリッシュマフィンが0.9g一番低かったです。そのほかバケットが1.5g・パン・ド・カンパーニュが1.9gで低めでした。いつも食べていた食パンマフィンに変えて、中にサラダをはさめば十分おいしい一品となりました。

低脂肪食のすすめ

イメージ図(参考:bing.com/images
低脂肪食のすすめ


・そばも低めを探せば1.5gのものが数多くありましたが、へぎそばが0.0gで最も低かったです。こちらも具入りなどのそばにすると、おいしく栄養もとれます。

低脂肪食のすすめ


・成分表を見て食材を選ぶことの楽しみを知って、低脂肪食を感で選ぶようになってきたら、意外と身近に脂肪が少なく簡単調理できる食材を見つけることができるようになってきました。よくコンビニで見かけるプレーンチキンの塊は人気で色々な味があることは知られていると思います。そのほか、ささみのスモークや鶏むね肉のスモークなどもそのままおいしく食べられます。

低脂肪食のすすめ


・お米に十六穀米等を入れて炊くことも定番になっていると思いますが、マンナンヒカリが脂質0.3gで一番カロリーが低いと思われます。
http://www.otsukafoods.co.jp/product/mannan_hikari/

低脂肪食のすすめ


・今までにあまり口にしなかったけど、思いがけずおいしかったのがマルコメ大豆ラボのシリーズです。中には大豆の肉と調味料が入っていて、野菜と混ぜるだけで簡単に調理できます。カレーのほかにはガパオライス・回鍋肉・酢豚などがあります。
http://marukome.co.jp/daizu_labo/index.html

低脂肪食のすすめ


・カレーといえば、ルーならハウスバーモンドカレーカロリー50パーセントオフ・ジャワカレーカロリー50パーセントオフを使うとよいですが、レトルトでは食品企画のお疲れさまカレーがおすすめです。
http://www.shokuhin-kikaku.com/レシピ/

低脂肪食のすすめ


今まで低脂肪というと面倒だと思っていましたが、こうして注意してみると、結構出来合いの食品と変わらない手軽さでおいしくできることがわかってきました。今後も引き続き低脂肪やローカロリー、更には減塩にも気を遣っておいしい料理を作るように心がけたいです。


>>株式会社ウィズプランニングHP


テーマ : 情報商材    ジャンル : ビジネス

消費者の視点から

  1. 2016/10/21(金) 16:36:50_
  2. 食品分野

冷凍食品も簡単に作れるメニュー調味料も多く、大手スーパーの店頭では、目がパチパチしてしまいます。でも、味が好みでなかったり、想定外の失敗がこわくて、1STトライは特売でないと手が出せません。
そんな中、地味な新聞の中でひときわ目を引く広告を見つけました。
見開きの同じサイドに連続で掲載されているのも印象に残りやすいです。

ニップン広告

ニップン広告

**********************************
【オーマイブランド】
**********************************
パスタのブランドであっても、今時はどのメーカーも作っているので、消費者には違和感なし。
(流通や競合会社からみれば、メーカーの商品展開がわかってよい)

**********************************
【個別ブランド】
**********************************
複数の商品をくくるブランドが、それぞれの位置づけを示していてわかりやすい。
少なくとも商品を買うときの判断に役立つ情報がブランドになっている、と感じる。

・いまどきごはん
前はあったのに、売り場からなくなっていたとしても、いまどき、だから気にならない。
むしろ、今買わないとなくなるかも、と思える。
逆に一年たっても、商品があったりすると、いまどき、じゃないジャン、と思ってしまうかも。

・オーマイプレミアム
すたれない人気ブランド。イタリアン産完熟トマトが特別なパスタと感じさせる。

・伝統のホテル 秘蔵のレシピ
横浜のオテルニューグランドに対する認識がまちまち、なのでなんともいえない、
が価格の裏付けにはなりそうである。
神戸北野ホテルとか、軽井沢万平ホテル、とかのほうが全国区かも。
(流通や競合会社から見れば、パスタメーカーとして、ソースへの意気込みが感じられるブランド)

・ほめDELI
主婦にとっては家族、子供に喜ばれることはなによりのご馳走。
広告のアクアパッツアは、魚の美味しい食べ方の一つだとは思う。
(パスタと一緒にどうぞ、みたいな、献立を想起させるワードがあるとオーマイブランドが生きる)

(  )はプランナー視点

>>株式会社ウィズプランニングHP

テーマ : マーケティング    ジャンル : ビジネス

消費者目線

  1. 2016/08/30(火) 13:50:00_
  2. ファッション
  3. _ comment:0

PINKO というブランドを知っていますか?

ずいぶん前にガーデンプレイス・恵比寿三越グラススクエアにあったブランドです。

ピノコ


泉ピン子のブランド? と思っていましたが、

実はイタリアの少しとんがったテイストのファッションです。

スタッフの中に、泉ピン子さんが旅番組でイタリアを訪れ、

「PINKO」のロゴが入ったトートを大人買いしていたのを見たという者もいました。

恵比寿三越から撤退していたので忘れていたところ、

伊勢丹で世界のファッションリーダーも注目のブランドとして紹介されています。

ピノコ

ちょっと注目です。

>>株式会社ウィズプランニングHPはこちら


テーマ : 社長のブログ    ジャンル : ビジネス


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

ebisuplan

Author:ebisuplan
★株式会社ウィズプランニング
消費戦略プランナー
生活者の視点に立ったよりよい商品開発や、より暮らしに活かしやすいサービスシステムを企業にご提案する会社です

検索フォーム

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント